女の人

仮装に必須アイテムなカラコンはゾンビメイクにも役立つ

ハロウィンの仮装に最適

コンタクト

周囲を驚かせないように

ゾンビカラコンを装着する時の注意としては、1デイレンズの場合は、1度装着したら処分し、何度も繰り返し装着しないことです。また、度つきのコンタクトレンズを、ゾンビカラコンと二枚重ねで装着することのないようにしましょう。長期使用できるタイプのものは、装着後は洗浄液で綺麗に洗い、保存液を満たしたレンズケースで保存することも大切です。ゾンビカラコンは、装着すると本物のゾンビのような形相になるため、周りの人を驚かせてしまう場合があります。なので、ハロウィンやコスプレのイベントなど、特別なイベントの時以外は、装着を避けたほうが無難でしょう。車やバイクの運転をしている人を驚かせ、思わぬ事故の原因とならぬように注意しましょう。

インパクト抜群の瞳に

ゾンビカラコンの特徴は、装着するだけで、白目がちの不気味な瞳になれるところです。インパクト抜群で、パーティーを盛り上げることができるのも魅力です。血のりとメイクで、誰でもクオリティの高いゾンビに変身できます。ゾンビカラコンと一括りに言っても、三白眼タイプ、ゴーストタイプ、ベタ塗りタイプなど、様々なタイプに分かれており、仮装に合わせたカラコンが選べます。最も不気味に見えるのは、ベタ塗りタイプのカラコンです。特殊なカラコンのため、長期使用できるレンズよりも、ワンデイタイプのレンズの方が需要が高いのも特徴的です。装着時の見え方は、普通のコンタクトレンズと変わらず、白く靄がかかって見える心配もありません。

おしゃれアイテムとして

女の人

以前は視力がよくないからメガネをかけるというのが一般的でしたが、最近はおしゃれアイテムとしての活用度が高くなっています。メガネは自分の顔の形にあったものを選ぶことで、より似合いますし与えるインパクトも大きくなります。

詳細へ

目が悪い方のお洒落

レディ

メガネは顔の印象を決めてしまいますので、視力矯正のためだけにかけるのではなく、ファッションアイテムとして利用しましょう。しかし、選び方はとても難しいので、まずは度数の入っていないお洒落用に販売されているメガネで試すことをオススメします。

詳細へ

顔の印象が変わる

めがね

メガネを選ぶ時は用途やTPOを考えながら選びましょう。お仕事用でしたら黒、紺、茶などのベーシックな色がおすすめです。また、素材によっても印象が変わりますので、スタッフに相談しながら試してみると良いでしょう。

詳細へ